ギフト± ネタバレ無料 命の尊さとは・・・

はじめに・・・

 

紹介元のサイトですが・・・

 

特に漫画約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、ここでしか手に入らない名作漫画多数取り扱っています。

 

さらに約9000作品無料で読める読み放題コーナーも充実!

 

 

また、漫画を「背表紙表示」で管理できるのが特徴となってます

 

 

ど~も~管理人です

 

今回紹介するのは、命の尊さを題材にした漫画で

ギフト±

ギフト±の漫画の表紙

ちょっとグロい描写があるので、苦手な方は注意が必要かもしれません・・・

気になったら読んでみてください

あらすじ・・・

 

始まりはクジラを題材に・・・肉は、もちろん油・ひげ・骨、とにかく無駄な所が無いという表現から始まる・・・

 

この漫画でクジラとは人間を表している・・・

 

 

心臓・肺・腎臓・肝臓・膵臓・脾臓それに腸・胃に眼球、靭帯に皮膚、骨、髪の毛などしめて4千万ぐらいの値が付く・・・

 

 

むやみやたらに取ったらダメだけど、捕ったらダメだけど・・・捕ったら完全に利用しないとね

 

 

そこから舞台は変わり3日前の某刑務所前・・・

 

 

一人の受刑者が出所する・・・

 

 

場面が変わり学校の屋上・・・

 

 

一人の女生徒がいじめを理由に飛び降りようとしていた!

 

 

飛び降りようとする女生徒に対し鈴原 環が駆け寄る・・・

 

 

飛び降りようとしていた女生徒が足を滑らせ堕ちる寸前のところで鈴原 環が手を掴む!

 

 

しかし女性の腕力では引き揚げれそうにない・・・

 

 

そんな時、周囲を見ながら鈴原 環は掴んでいた手を放す!

 

 

手を離された事により落下する女生徒・・・

 

 

木がクッションになり女生徒は助かった!

 

 

女の先生が下から屋上を見上げると跳んだ位置からズレている事に気づく・・・

 

 

その後の職員室の聞き取りの中鈴原 環は「ワザと木の上に落とした」と話す・・・

 

 

みんな手を貸してくれないし、あたし1人の腕力じゃ引き上げるなんて無理だし・・・

 

 

だから腕を少しゆらして近くの木の方に放ったとの事・・・

 

 

淡々と話す鈴原 環に対し驚く先生・・・

 

 

先生が話す「ヘタすると、あなたも落ちていた。なのに、なんであんな危ないマネをするのか・・・?」

 

 

その問いかけに対し鈴原 環は答える・・・

 

 

命は神様からの贈り物だから・・・

 

 

大事にしなきゃダメなんで・・・

 

 

そこから舞台は変わり、出所した元受刑者・・・

 

 

ホテルで女性を監禁し手足を縛り口も塞いだ上で犯そうとしていた・・・

 

 

そこへ制服姿で現れる鈴原 環・・・

 

 

襲い掛かる男に対しスタンガンで反撃する!

 

 

次に男が目ざめた時には両手足を拘束され口も塞がれていた・・・

 

 

鈴原 環が刃物を手につぶやく・・・

 

 

これは殺しじゃない・・・解体だ・・・

 

 

おじさん・・・命をありがとう・・・

続きが気になったら・・・

ギフト±の漫画の表紙

気になる続きは、こちらから・・・

善悪の屑 ネタバレ無料 復讐代行とは?
犯罪に対する復讐を題材にした作品である「善悪の屑」について書いてます。読み進めていくと事件として見えてくるものがあります・・・
マトリズム ネタバレ無料 マトリの仕事とは?
大麻を題材にした作品で・・・麻薬取締捜査官が主人公として描かれている「マトリズム」について書いてます
命の輝き ネタバレ無料 感動の実話ケータイ小説の話題作!
感動の実話ケータイ小説の話題作である「命の輝き」について書いてます
リセット~囚われの全身整形~ ネタバレ無料 整形後に待ち受けるものは・・・
みにくい外見のせいで、幼いころから周囲からも家族からも嫌われた女性を描いた作品である「リセット~囚われの全身整形~」について書いてます
大人の問題提起シリーズ かわき ネタバレ無料 パパ活の行方は・・・
パパ活を描いた漫画である「大人の問題提起シリーズ かわき」について書いてます
報復刑 ネタバレ無料 もし現代に報復が許されるとしたら・・・
死刑制度の廃止の代わりに相手に対し報復する権利を合法的に行えることを描いている「報復刑」について書いてます
デビルズライン ネタバレ無料 時に悲しく切なく・・・
はじめに・・・ 紹介元のサイトですが・・・ 特に漫画は約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、ここでしか手に入らない名作漫画も多数取り扱っています。 さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実! ...

コメント