失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~ ネタバレ無料

はじめに・・・

 

紹介元のサイトですが・・・

 

特に漫画約21万冊揃えており人気の漫画はもちろん、ここでしか手に入らない名作漫画多数取り扱っています。

 

さらに約9000作品無料で読める読み放題コーナーも充実!

 

 

また、漫画を「背表紙表示」で管理できるのが特徴となってます

 

ど~も管理人です。

 

 

今回 紹介するのは異世界への転生題材にした作品である・・・

失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

失格紋の最強賢者の漫画の表紙

作品が気になったら1度、読んでみてください

7/2まで1巻が無料で読めちゃいます!

あらすじ・・・

 

始まりは竜と戦う男性だった・・・

 

 

3つの国を滅ぼした世界最強とうたわれる竜・・・

 

 

神さえも滅ぼす力を持つという竜だが・・・

 

 

彼は難なく竜を倒していた・・・

 

 

しかし彼は不満そうだった・・・

 

 

彼が望むのは更なる力・・・

 

 

しかし彼の紋章では、その先は望めないらしい・・・

 

 

彼が望むのは、更なる強さを兼ね備えた魔物・・・

 

 

彼が惜しむのは紋章の効果だった・・・

 

 

彼の持つ紋章は他の紋章に戦闘には向かないらしい・・・

 

 

それでも彼は世界最強の魔法使いと呼ばれている・・・

 

 

最弱の紋章から、たゆまぬ鍛錬によって到達した世界・・・

 

 

しかし彼は、もはや成長の余地が無い事を知ってしまった・・・

 

 

彼の世界では紋章は生まれた時点で既に決定しており・・・

 

 

あとでの変更はできない・・・

 

 

それを解決する唯一の方法は転生だった!

 

 

今度こそ転生魔術で生まれ変わる・・・

 

 

いつかきっと誰も到達したことのない遠いところまで・・・

 

 

また来世では共に戦える仲間を・・・

 

 

そういsて目覚めた彼は少年になっていた!

続きが気になったら・・・

失格紋の最強賢者の漫画の表紙

気になる続きは、こちらから・・・

7/2まで1巻が無料で読めちゃいます!

異世界はスマートフォンとともに。ネタバレ無料 異世界でスマートフォンって・・・
ひょんな事から異世界への転生とスマートフォンを題材にした作品である「異世界はスマートフォンとともに。」について書いてます
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 ネタバレ無料 異世界に召喚された俺の行方は・・・
ある日、彼が目ざめると現実とは違う世界だった・・・しかも目の前には美少女が二人! 「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」について書いてます
転生したらスライムだった件 ネタバレ無料 人じゃなくスライム人生って・・・
なろう系として話題になった作品である「転生したらスライムだった件」について書いてます
ゴブリンスレイヤー ネタバレ無料 最下級といわれるゴブリンとの死闘とは・・・
ダーク・ファンタジーの作品で少しエロい表現やグロイ演出もある「ゴブリンスレイヤー」について書いてます
八男って、それはないでしょう! ネタバレ無料 アニメ版よりは原作の方が面白い!
2020年にアニメ化され注目され始めている異世界への転生を題材にした作品である「八男って、それはないでしょう!」について書いてます
俺だけ入れる隠しダンジョン ~こっそり鍛えて世界最強~ ネタバレ無料
就職口を失った貧乏貴族の三男が、稀少な魔物やアイテムが大量に隠されている伝説の場所である・隠しダンジョンの入り口を開く事から始まる少しHな物語である「俺だけ入れる隠しダンジョン ~こっそり鍛えて世界最強~」について書いてます
七つの大罪 ネタバレ無料 今年終焉を迎えた話題作とは?
今年完結した長編バトル作品である「七つの大罪」について書いてます
賢者の孫 ネタバレ無料 アニメより原作が面白い!
異世界への転生を題材にした作品である「賢者の孫」について書いてます!アニメでガッカリした方はぜひ、原作を読んでください
村人転生 最強のスローライフ ネタバレ無料 新たな世界での生活とは・・・
異世界への転生を題材にした作品である「村人転生 最強のスローライフ(コミック)」について書いてます
蜘蛛ですが、なにか? ネタバレ無料 転生先で待ち受けているものとは・・・
はじめに・・・ 紹介元のサイトですが・・・ 特に漫画は約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、ここでしか手に入らない名作漫画も多数取り扱っています。 さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実! ...
神眼の勇者 ネタバレ無料 彼の眼に宿る力とは・・・
異世界への転生を題材にした作品である「神眼の勇者」について書いてます

続き

コメント