男性恐怖症だった私がAV女優になるまでの話 ネタバレ無料 

ど~も~管理人です

 

今回 紹介するのは、悲しい過去を背負った女性を

描いた作品で・・・

 

男性恐怖症だった私が

AV女優になるまでの話」です

 

 

皆さんはAV女優に、どんなイメージを持って

ますか?

 

今は、お金を求めて安易に風俗に流れる女性も

少なくないと聞きますが・・・

 

割と風俗系の女性は、精神を病みやすいとも

言われてます・・・

 

 

気になったら読んでみてください

 

 

 

あらすじ&作品紹介・・・

 

始まりはAV女優になる前の暗い過去の開示

からだった・・・

 

 

中学時代・・・私は男性恐怖症だった・・・

 

 

 

さかのぼって小学一年生。

ピカピカのランドセル!

 

初めて使う文房具。

みんなに祝われて少しだけ大人になった

気がした・・・

 

私には、ママと弟と、お兄ちゃんと「パパ」

がいた・・・

 

 

「パパ」は私たち兄弟と、血は繋がっていなかった

が、とても優しくしてくれた!

 

 

とても良い父親だと思っていた・・・

 

 

寝ているときに、ふと考える・・・

 

今日も、来るのかな・・・

 

 

 

そうしている内に「パパ」が一緒の布団に

入ってきた・・・

 

 

頭を撫でながら、いつも可愛いね と「パパ」が

つぶやく・・・

 

 

そうして「パパ」は、おしりを撫でながらキスを

してきた・・・

 

 

舌まで入れて・・・ ぶっちゃけ気持ち悪かった

 

 

 

 

でもきっと、これが普通なんだろう・・・

子供もパパとキスをするのは・・・みんなやって

るんだ・・・

 

よくあることだよね・・・

 

だってパパからしてくるんだもん・・・

 

チューくらいフツーにするんだ・・・

 

 

おかしくないよね?

 

 

少額1年生の私は、そう思い込もうとしていた

 

本当は、とてつもない違和感を抱いていた

 

舌を使ったキスも・・さわさわ尻を撫でる

あの手も・・・あの目も・・・

 

気になる続きは、こちらから・・・

男性恐怖症 」で検索してみてください!

コメント