終末のハーレム セミカラー版 ネタバレ無料 コールド・スリープの先にあるものは・・・

ど~も管理人です

 

今回 紹介するのは

「終末のハーレム セミカラー版」です

 

 

気になったら読んでみてください

 

 

あらすじ&作品紹介・・・

 

2040年、突如として世界を未知のウィルス

襲った・・・

 

そのウィルスに感染すると全身の細胞が死滅

していき感染者の身体は数日のうちに紫色に

変色・・・

 

やがて穴という穴から血を吹き出して死に

至る・・・

 

そのウィルスは圧倒的な感染力を持ち・・・

約3ヵ月で世界中で感染爆発を引き起こした

 

 

物語は男性の怜人から始まる・・・

 

2040年の東京・・・国立先端医科大学・・・

絵理沙という女性に告白するところからだった

 

彼女は驚く事なく話し出す・・・

とっくに知ってたよ、もう何年の付き合いだと

思ってんの?

あんなたの気持ちなんて、とっくに気づいてたん

だから・・・

小中高に大学まで、ずーっと同じ学校で10年一緒

にいるんだから・・・

 

その返答に対し怜人は話し出す・・・

そんなになるか・・・その記録更新も今年までかな

来年、俺は ここにいないから・・・

 

細胞硬化症って病気にかかったんだ・・・

 

4・5年コールドスリープしてれば、AIが特効薬を

作り出してくれるらしいが・・・

 

色々な思いが交錯する中コールドスリープ直前に

彼女が会いに来てくれる・・・

 

彼女にペンダントを渡し、眠りにつく怜人・・・

彼女の泣き顔が印象的だった・・・

 

そして目が覚めると見知らぬ女性が目の前にいた

西暦を確認すると2045年・・・あっという間に5年

経過していた・・・

 

目覚めた怜人を待ち受けているものとは・・・

 

気になる続きは、こちらから・・・

コメント