君が僕らを悪魔と呼んだ頃 ネタバレ無料 全ての記憶を失った高校生を取り巻く展開とは・・・

はじめに・・・

 

紹介元のサイトですが・・・

 

特に漫画約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、ここでしか手に入らない名作漫画多数取り扱っています。

 

さらに約9000作品無料で読める読み放題コーナーも充実

 

また、漫画を「背表紙表示」で管理できるのが特徴となってます

 

ど~も~管理人です

 

今回 紹介するのは、記憶喪失の男性を描いたバイオレンス的な漫画でグロイ演出があります・・・

君が僕らを悪魔と呼んだ頃

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃の漫画の表紙

 

全ての記憶を失った高校生・・・それなりに平穏な生活をしていたが古ぼけた校舎で

ナイフを血に染める姿だけが思い浮かぶ・・・あれは誰だったのだろう・・・

 

なかなかグロイ演出があるので、気分を害される方は気を付けて下さい・・・

 

気になったら読んでみてください

あらすじ・・・

 

高校生の悠介は記憶喪失だった・・・

 

 

 

しかも高校に入るまでの15年分、それなりに平穏な生活をしていたが古ぼけた校舎で・・・

 

 

 

ナイフを血に染める姿だけが思い浮かぶ、あれは何だったんだろう・・・

 

 

 

ある日、バイト先でシュウ呼ばれる背中に火傷の傷を持つ知人と会う・・・

 

 

 

バイト終わりのとシュウの帰り道、火傷のことについてシュウは話し出す・・・

 

 

 

中学の時一時期のクラスのボス的な奴に目をつけられて暴力・パシリ・カツアゲ・・・

 

 

 

一通りのことはやられた・・・

 

 

 

その時の思い出の1つ・・・ちょーど前日の夜TVで見てウケたんだと・・・

 

 

 

お笑いの熱湯風呂ガマン大会・・・

 

 

 

もし声を出さずに我慢し続けたら、俺を仲間に格上げしてやるって事だった・・・

 

 

 

我ながら、アレは よく耐えた・・・

 

 

 

歯ぁ折れんじゃねえかってくらい食いしばって・・・

 

 

 

考えてた事は1つだけ・・・コレさえ、コレさえ乗り切れれば・・・

 

 

 

この地獄から解放される・・・

 

 

 

あーゆーの実際やってみると想像以上にエグくて周りはドン引きするんだが・・・

 

 

 

ソイツよっぽどツボッたのか・・・ずっと腹をかかえて笑っていた・・・

 

 

 

親に頼んで、転校までさせてもらって逃げ、ようやく平穏な自由を手にいれたハズだった・・・

 

 

 

再び、その悪魔が目の前に現れるまでは・・・

続きが気になったら・・・

気になる続きは、こちらから・・・

君が僕らを悪魔と呼んだ頃の漫画の表紙

監獄実験 心のタガが外れた人間は、どこまで非道になれるのか・・・
心のタガが外れた人間は、どこまで非道になれるのか・・・そんな状況を描いた漫画「監獄実験―プリズンラボ―」について書いてます
虐殺ハッピーエンド ~あなたは最愛の人の為に人を殺せますか?~
あなたは最愛の人の命を救うために誰かを殺すことができますか? そんな情景を描いた作品「虐殺ハッピーエンド」について書いてます
ヤバい女に恋した僕の結末 ネタバレ無料 男を手玉にとる女の正体とは・・・
はじめに・・・ 紹介元のサイトですが・・・ 特に漫画は約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、ここでしか手に入らない名作漫画も多数取り扱っています。 さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実! ...
煉獄女子 ネタバレ無料 メメント・モリとは・・・
残酷な猟奇殺人から始まる作品である「煉獄女子」について書いてます
彼岸島 最後の47日間 ネタバレ無料 あらたなスタートとは・・・
雅が恐るべき計画を実行に移すまで、残された時間は、わずか47日間を描いた作品である「彼岸島 最後の47日間」について書いてます
ジンメン ネタバレ無料 動物と人間の行く末は・・・
動物を題材にしたホラー作品で、なかなかグロイ演出がある「ジンメン」について書いてます
生者の行進  ネタバレ無料 生死をかけた究極のホラーサスペンスとは・・・
生死をかけた究極のホラーサスペンス作品である「生者の行進」について書いてます
幸福は不幸の種 ネタバレ無料 隣人の幸せを奪おうとする女性の欲望とは・・・
はじめに・・・ 紹介元のサイトですが・・・ 特に漫画は約21万冊を揃えており、人気の漫画はもちろん、ここでしか手に入らない名作漫画も多数取り扱っています。 さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実! ...
快楽殺人姫 ネタバレ無料 盗聴アプリを仕込んだ行方は・・・
エロティックでもあり殺人を描いた作品である「快楽殺人媛」について書いてます

コメント