鬼滅の刃 ネタバレ無料 炭治郎と禰豆子の運命は・・・

ど~も~管理人です

今回紹介するのは「鬼滅の刃」です。

 

作者は吾峠呼世晴さんで、漫画は現在も

週刊少年ジャンプで連載中ですね!

 

最近アニメ化され週1で放映されてます

 

気になったら読んでみてください

 

あらすじ&作品紹介・・・

 

時は大正時代・・・

主人公である炭治郎は一家を思う心優しい

青年だった・・・

 

ある日、炭を売ろうと町に出かける所から

物語は始まる・・・

 

母は「雪が降って危ないから行かなくても

いい」と話したが、心優しい炭治郎は・・・

「正月になったら皆に腹いっぱいたべさせて

やりたい」との事で炭を売りに出かける・・・

 

 

町へ向かう中、炭治郎は ふと考える・・・

 

 

生活は楽じゃないけど幸せだ・・・

 

でも人生は空模様がある・・・

 

ずっと晴れ続ける事はないし、ずっと雪が

降り続けることもない・・・

 

幸せが壊れる時には、いつも血の匂いがする・・・

 

町から家に戻る際、三郎爺さんから「危ねぇから

やめろ」と話しかけられる。

 

 

炭治郎は「鼻が利くから平気だ」と答えるも・・・

「戻れ」と諭される・・・

 

理由は「鬼が出るぞ」だった・・・

 

三郎爺・・・「昔から人食い鬼は日が暮れると

うろつき出す、だから夜は歩き回るもんじゃねぇ

明日 早起きして帰りゃいい」・・・

 

家に帰りつくと母ちゃん、花子、竹雄、茂、六太

の変わり果てた姿を見つける!

 

そんな中 禰豆子だけ、まだ体に温もりがあった。

 

医者に診せれば助かるかもしれない・・・

 

禰豆子を、おぶり走る中で禰豆子は豹変する!

 

 

突如、炭治郎を襲い掛かかったのだ!

 

いつもの禰豆子では無い・・・

 

鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため・・・

 

 

また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎は旅立つ!!

 

気になる続きは、こちらから・・・

コメント